20140204 「宝の海」再生、国に頼れぬ 諫早開門期限から1カ月余

「宝の海」再生、国に頼れぬ 諫早開門期限から1カ月余
2014年2月2日23時16分 朝日新聞

【動画】佐賀県太良町沖で干潟再生実験=江崎憲一撮影
http://www.asahi.com/articles/ASG22466FG22TGPB003.html
(写真)佐賀県太良町沖の干潟で、アサリの生育具合をみる平方宣清さん

 国営の諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門期限から1カ月余
り。国、開門派、開門反対派が歩み寄る気配はなく、有明海再生への道筋も見え
ぬままだ。それでも「宝の海」をよみがえらせたいと、それぞれの思いで行動を
起こしている人たちがいる。

 「生き残ってますね」

 1月31日午後、潮が引いて干潟が姿を現した佐賀県太良町沖のアサリ漁場で、
タイラギ漁師、平方宣清さん(61)の声が弾んだ。干潟には、アサリが呼吸す
る無数の穴が広がる。

 諫早湾干拓事業の潮受け堤防からわずか10キロほど。ここで、大 学の研究者
らと干潟の再生実験に取り組んでいる。

 平方さんが1985年から始めた約850平方メートルのアサリ漁場は、多い
ときで年間1500万円の水揚げがあったという。だが、「ギロチン」と呼ばれ
た潮受け堤防が海を閉めきった97年以降、赤潮が頻繁に発生してアサリが死滅。
5~6年前から全く採れなくなった。「干潟は腐った臭いがして、砂地は真っ黒。
一部はヘドロ化していた」

 干潟の再生実験は2011年4月に始まり、1年ほど前からアサリの稚貝が再
び見られるようになった。

 平方さんは福岡高裁が約3年前に開門を命じ、確定した判決で勝訴した原告の
一人だ。だが、国は開門期限を守らず、それどころか長崎地裁が昨年11月に
「開門 するな」との仮処分決定を出して以降、開門問題はさらに泥沼化。漁場回
復への思いは実らぬままだ。

 「もう国には頼れない。今は、この干潟再生に期待しているんです」

 干潟の再生実験は、田中克・京大名誉教授が代表を務める「有明海再生研究会」
が中心となって、企業の環境基金を活用して進める。竹炭と鉄粉を混ぜて成型し
たものを、40メートル四方の干潟に400個据え、アサリの餌となる微細な藻
類が繁殖する環境をつくっている。

 田中さんによると、藻類が増えれば、光合成が進んで水中に酸素を供給。さら
に鉄粉によって、干潟の中のバクテリアが活性化してヘドロを分解、干潟再生に
つながるという。田中さんは森の有機物などが海の生き物を豊かにす る「森と海
のつながりの復権」を提唱している。

 アサリが戻ってきた干潟で今春、平方さんらは子どもたちに干潟を開放し、潮
干狩りを楽しんでもらうつもりだ。

 「干拓だけに縛られとっても、海の再生にはつながらない。次世代の子どもた
ちに有明海の豊かさ、海の大切さを感じ取ってほしい」。桜の咲く頃、アサリの
身は太って甘くなるという。宝の海再生のモデルになれば、と期待している。
(江崎憲一)
スポンサーサイト
Welcme森里海World
☆.。.:*森里海連環☆.。.:*
☆森里海連環~つながりの価値観を取り戻す 田中克先生  ☆ハンズオン 畠山重篤氏   
npo法人SPER森里海・時代を拓くとは?
自然と自然、自然と人、人と人とのつながりを再生する新たな価値観を生み出す『森里海連環学』を多くの人々に広め、より持続的循環社会を築く基盤を生み出すことを目的としています。 *SPERA(希望 信頼)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
128位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR