スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウムのご案内

海の緑化
”山本光夫先生からの広報お願いです。”

海の緑化研究会では、毎年シンポジウムを開催し、
研究成果を発信するとともに、
これまで生態系保全・生物多様性、地球温暖化問題等、
... 藻場生態系修復に関連する話題を広く取扱ってきました。
本年のシンポジウムにおきましては、海の緑化技術における
最新の研究成果を中心とした話題を取り扱い、鉄を中心とした
沿岸生態系理解に向けた取り組みを紹介する予定です。

シンポジウム「海の緑化技術における鉄の動態理解と沿岸生態系保全」

日 時:平成 25年 4月 23 日 (火) 13:00~17:20
場 所:東京大学 山上会館 2階大会議室
参加費:無料(懇親会費は3000円)
主 催:海の緑化研究会
協 賛:東京大学海洋アライアンス,(社)日本プロジェクト産業協議会,
海洋理工学会,(社)全国水産技術者協会

【プログラム】
13:00 主催者挨拶
     東京大学 山本 光夫(海の緑化研究会会長)

<基調講演>
13:10 海洋における鉄と生物生産の関係性
     東京大学 津田 敦
13:45 施肥による藻場修復の実施状況とその効果
     (株)アルファ水工コンサルタンツ 綿貫 啓

<講演>
14:20 堆肥由来の溶存有機物が鉄のスペシエーションと配偶体成熟に及ぼす影響
     北海道大学 福嶋 正巳
14:50 海藻生育促進に及ぼす鉄の効果と海の緑化技術の展望
     東京大学 山本 光夫

15:20~15:30 休憩

<事例報告>
15:30 人工腐植土生産に関する技術開発
    (株)イワトク 岩撫 徳昭
16:55 海域に施肥されたフルボ酸鉄の希釈拡散要因と予測評価
     五洋建設(株) 金山 進
16:20 鉄分供給による藻場造成技術の進捗と課題
     新日鐵住金(株) 加藤 敏朗
16:45 カルシア改質土を用いた浅場造成効果のモニタリング調査・解析
     いであ(株) 永尾謙太郎

17:10 閉会挨拶
     東京大学 木村伸吾(海洋アライアンス副機構長)

18:00~ 懇親会(山上会館 1階談話ホール)

【参加申込方法】
 申込記載事項をご記入の上,E-mailにて下記宛にお申込下さい.
   ryokuka_conference@oa.u-tokyo.ac.jp(海 の緑化研究会事務局)
 申込記載事項 :
  1) 氏名
  2) 所属
  3) 役職(学生の場合は学年)
  4) 連絡先(電話,E-mail)
  5) 懇親会参加の有無

【お問い合わせ先】
  海の緑化研究会 事務局 (笠原・菊地)
   いであ(株) 国土環境研究所 生態解析部
   〒224-0025 神奈川県横浜市都筑区早渕2-2-2
   TEL:045-593-7603, FAX:045-593-7623もっと見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

Weather Report
NPO法人SPERA森里海・時代を拓く
予定カレンダー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Welcme森里海World
☆.。.:*森里海連環☆.。.:*
☆森里海連環~つながりの価値観を取り戻す 田中克先生  ☆ハンズオン 畠山重篤氏   
npo法人SPER森里海・時代を拓くとは?
自然と自然、自然と人、人と人とのつながりを再生する新たな価値観を生み出す『森里海連環学』を多くの人々に広め、より持続的循環社会を築く基盤を生み出すことを目的としています。 *SPERA(希望 信頼)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1928位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
160位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。