スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150508 5/30「つなげよう、支えよう森里川海」公開シンポジウム開催について(場所:国際連合大学) 

環境省の主催で国際連合大学行われるシンポジュウムのご案内です。
http://www.env.go.jp/press/100929.html

森里川海シンポジウムA4チラシ150428OL_01

1.開催日時等
 日時:平成27年5月30日(土)13:30~16:30
 場所:国際連合大学(以下「国連大学」)ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
 定員:300名程度(応募者多数の場合は先着順)
 参加費:無料
 主催:環境省、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
 協力:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)
2.テーマ
 森里川海を豊かに保ち、恵みを引き出すための新たな仕組みを考える
 -「国と地方」、「都市と地方」、「行政、NPO、企業、市民」の役割について考え、それぞれの取組をつなぎ、広げていくための新たな仕組みを考える。
3.内容(予定)
 (1)主催者挨拶
 (2)基調講演
   「環境・生命文明社会の創造 -自然と共に生きる-(仮)」
    -武内和彦 国連大学上級副学長
 (3)「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトとりまとめの紹介
    -(アドバイザー)涌井史郎 東京都市大学教授・UNDB-J委員長代理
 (4)地域の取組事例の紹介
 (5)休憩
 (6)パネルディスカッション
 テーマ:森里川海を豊かに保ち、恵みを引き出す社会への変革(仮)~日本の自然観を取り戻す~
   - 涌井史郎氏(コーディネーター)
   - パネリスト
     ・ 高木 美保氏(タレント、芸農人)
     ・ 中村 文明氏(多摩川源流研究所所長)
     ・ 井上 恭介氏(NHK報道局チーフ・プロデューサー、「里山資本主義」著者)
     ・ 中井 徳太郎(環境省大臣官房審議官)
4.参加申し込み
 事務局・参加受付については、(株)ネクストアイに委託して実施しています。以下の方法を御確認の上、5月24日(日)(必着)でお申込ください。
■E-mailによる申込
  事務局宛E-mail(morisatokawaumi@next-eye.co.jp)に下記の必要事項を明記し、送信して下さい。
  <必要事項>
  メール件名:つなげよう、支えよう森里川海プロジェクトシンポジウム参加希望
  本文:①氏名②勤務先・所属等住所③電話番号
■FAXによる申込
 上記「本文」①~③を記載の上、「5.問い合わせ先」の事務局宛にFAX(03-6893-7233)を送信して下さい。
【※報道関係者の方へ】
 ・取材ご希望の方も同様に、下記申し込み先までご登録ください。
 ・当日は受付にて記者証をご提示いただきますようお願いします。
 ・撮影に際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。
5.問い合わせ先
 株式会社 ネクストアイ 
 森里川海プロジェクト担当:瀬山、隈元
 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2階-2
 E-mail:morisatokawaumi@next-eye.co.jp
 TEL: 03-4570-2781
 FAX: 03-6893-7233
※「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトについては、下記URLを参照下さい。
 URL:http://www.env.go.jp/nature/morisatokawaumi/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

Weather Report
NPO法人SPERA森里海・時代を拓く
予定カレンダー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Welcme森里海World
☆.。.:*森里海連環☆.。.:*
☆森里海連環~つながりの価値観を取り戻す 田中克先生  ☆ハンズオン 畠山重篤氏   
npo法人SPER森里海・時代を拓くとは?
自然と自然、自然と人、人と人とのつながりを再生する新たな価値観を生み出す『森里海連環学』を多くの人々に広め、より持続的循環社会を築く基盤を生み出すことを目的としています。 *SPERA(希望 信頼)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2365位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
190位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。