スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有明海再生 アサリ養殖場調査 太良町vol.3 2011/7/02~03

2011/4/19 平方さんのアサリ養殖場にキレートマリーン施設後約2ヵ月経った状況です。

R0012484_R.jpg 
予想外の速さで泥の下にあった砂地が表面に出てきています。

CIMG3466_R.jpg CIMG3469_R.jpg  CIMG3467_R.jpg
キレートマリーン設置当時の様子(4月19日)
  
R0012477_R.jpg  DSCN0105_R.jpg DSCN0070_R.jpg 
CMに付着したアオサ 砂地に波の文様  CM周りの泥が無くなっています。
上の三枚の画像と比べると違いが良く分かります。

 R0012493_R_R.jpg DSCN0088_R.jpg
今回の調査から始まった平方さんの養殖場と隣の大賀さんの
養殖場で アサリにマーキングした物をコンテナに入れ互いの
アサリの成長や 微生物などのデーターを採るそうです。
大賀さんの養殖場は泥を 流水処理した後砂や土 を
入れてあるため低質は硬いそうです。

★☆ 次ページは養殖場内にいた生き物を載せています ☆★
続きクリックよろしく






 平方アサリ養殖場内いた生き物です。

DSCN0137_R.jpg
 DSCN0146_R.jpg DSCN0160_R.jpg DSCN0065_R_R.jpg DSCN0152_R.jpg

タイラギ、 ザカニ、コウ貝、サブロウ貝、あさり、ゴカイ  それと!? 泥は硫化水素の匂いがかなり無くなって
植物プランクトンも増えているそうです。 

DSCN0124_R_R.jpg 

赤貝の稚貝が凄い状態で見つかり、この様子は平方さんも
見たことが無いとのこと。

DSCN0081_R.jpg DSCN0087_R.jpg R0012488_R.jpg DSCN0093_R.jpg
吉永先生、藤永くん、大久保くん、坂下くん 干潟での作業奮闘中
  

一ヶ月後どうなっている事やら楽しみです。 次回日程7月31日~8月2日(予定)

 調査を見学したい方は、メールにてお問合せください ◆ 
groovy@po.fukuokanet.ne.jp
 




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

Weather Report
NPO法人SPERA森里海・時代を拓く
予定カレンダー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Welcme森里海World
☆.。.:*森里海連環☆.。.:*
☆森里海連環~つながりの価値観を取り戻す 田中克先生  ☆ハンズオン 畠山重篤氏   
npo法人SPER森里海・時代を拓くとは?
自然と自然、自然と人、人と人とのつながりを再生する新たな価値観を生み出す『森里海連環学』を多くの人々に広め、より持続的循環社会を築く基盤を生み出すことを目的としています。 *SPERA(希望 信頼)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2365位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
190位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。